建設系おもしろサイト「めざせ!スーパー監督」の作者なおゆきが書き綴る不定期連載ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランマーの人
ランマーのイラスト(フリー)土木なイラストを、書類に貼り付けて遊ぼうシリーズ!

今回はズバリ「ランマーをかけるお兄さん」だ!

今までありそうで無かったイラストだよね。
もちろん、フリーです!

【ダウンロードの方法】

1.画像をクリックしてね!
2.結構大きなお兄さんが出てくるから、その後、右クリックで保存!


ただし、今回は、リアルさを追求してみたくなったので、エクセルのオートシェイプで描かず、フリーのイラスト作成ソフト「Inkscape(インクスケープ)」を使ってみました。

このソフト、なかなか良いですよ。オートシェイプではかけなかった細かな設定や、色使いが楽しめます。イラスト作成に凝りたい方は、使ってみることをお奨めします!(え?お前と違ってそんな暇はないって?そりゃごもっとも・・・)
フリー土木イラスト_ランマー


背景を透明にしてありますので、いろんな書類に使いやすいと思います。

フリー土木イラスト_ランマー
また、ほかのイラストと重ねても、いい感じですよ。

施工計画書などに使ってみてください!

スポンサーサイト
エクセルで曜日を簡単入力!
エクセルの小ネタを、やたら自慢げに披露する、このコーナー。

さて、今回の小技は、「曜日の入力」です。

ちょとした工程表を作る時なんかに日付と曜日を書きますが、更新していく度になんだか面倒。こんな事はないですか?

こんな時には、まずセルを右クリック!

[セルの書式設定]-[表示形式]

で、[ユーザー定義]を選択。
ここでは日付を、yyyy/m/d とか yyyy"年"m"月"d"日" とかで表現しているはずですが、末尾に

aaa

を付け加えてみてください。つまり、yyyy/m/daaa とか yyyy"年"m"月"d"日"aaa てな感じです。
すると、あーら不思議。ちゃんと曜日が表示されているではありませんか。
ちなみに

(aaa)

だと、(月)とか(金)とかの括弧付きで表現してくれますし、

aaaa

だと、月曜日、とか、金曜日とか、「○○曜日」という表現になります。

日付と曜日を別のセルで表したい場合は、日付のセルを「=」で呼び出し、曜日のセルの表示形式をユーザー定義にて、aaa だけにすればOKっす。(わかるかな?)
超簡単なんで、いろいろ試してみてくださいね!

エクセル、曜日


【おまけ】

あたりまえなんだけど、曜日って、固有のものなんだな!ってのを再認識しました。西暦何年の何月何日は、1回きりしかないってことです。
つまり、この技を使えば、自分の誕生日が何曜日だったかってのもすぐに分かりますよ!
お試しあれ!

線と線をつなぐ
エクセルで絵や図を書くときに、知らないと意外とめんどくさい事。それは、

線と線をつなぐことです!

「あの線にの続きから、新しい線を引っ張りたいのに、ビミョーにずれたりして、調整がめんどくさい!」

とか、

「工程表を書くときに、先月の続きから線を引っ張るのが、意外とむずい!」

とかありませんか?

エクセルで作図スナップ

これって、すぐに解決します。

[表示]-[ツールバー]-[図形描画] が、ONになっていることを確認したら、

図形描画のツールバーの、[図形の調整]-[位置合わせ]-[図形]を選択します。

エクセルで作図スナップ


すると、線などの図形を書く始点が、既に書いてある図形の端部や角などに勝手に指定されます。
これで、線と線を簡単に結ぶことが出来ます!

エクセルで作図スナップ

ね、簡単でしょ?

ちなみに、同じく[位置合わせ]の中の[グリッド]をしてすると、図形書き出しの始点を、セルの角に合わせてくれます。これも、場合によってはなかなか便利ですよ。

いうなれば、Aoto-cadのオートスナップってところでしょうか?

画像の背景を透明化!
エクセルの図の透明化

エクセルでいろいろな書類を作っていると、様々な画像データを貼り付けたりします。

ただ、書いてある文字の上に画像を貼り付けた場合、画像中の白い背景が邪魔で、下の文字が見えなくなる、という場面がよくあり、不都合を感じます。

そこで便利な機能は、「透明化」

これは、画像の中の代表的な色を指定(クリック)してやると、その色に近い部分が透明化される、という機能です。

(言葉じゃ上手く伝わらないので、実際にやってみて!)

【手順】

①背景を透明化したい画像を選択。

②[図のツールバー] の [透明な色に設定のアイコン] をクリック。
(図のツールバーが無い場合は、[表示]-[ツールバー]-[図] を選択すると出てきます)
透明化アイコン

③画像中の、透明化したい部分を左クリック

④透明になった?

エクセルの図の透明化

どうです?簡単でしょ?応用次第でいろいろ使える機能です。
例えば、CADで書いた図面をエクセルに貼り付けて、背景を透明化したい場合は、

①AutoCADの印刷を、pdfで行う。(アクロバットや、勝手にPDFなどを使用)
②PDFファイルをアクロバット等で開き、スクリーンショットで写す。
③エクセルに貼り付け、背景を透明化する。


などどいった方法が考えられます。(他にもっと簡単な方法があればごめんなさい)

エクセルのバージョンによる適用の有無
このコーナー、「エクセルで作図!」内で紹介しているテクニックは、エクセルのバージョンによっては使用できない事が有りますので、あらかじめご了承下さい。
(Excel2002という、極めて古いバージョンで動作確認しています。(T_T)

TABキーって?

作図についてではないのですが、皆さんは「TABキー」って使います?

恥ずかしながら、僕は最近まで「TABキー」って使ったことがありませんでした。

「TABキー」ってなに?という人のために説明すると、Qの左にあるキーが、それです。え?知ってるって?まぁまぁ・・・。
(以下、TABの使い道を知らない人の為に書きます)

「TABキー」の使い道は?というと、簡単に言えば、「選択する物を変更する」という風です。
え?よく分からない?要するに、ボタンや文字入力箇所を選択する際に、いちいちマウスでカーソルを持っていかなくても、TABキーを押せば、楽ちん♪ってことです。

~具体例~
ネット上でのアンケート記入をするケースを考えましょう。

住所やら電話番号やら、郵便番号やら、
キーボードで入力して、
マウスで場所を変えて、
またキーボードで入力して、
マウスで場所を変えて・・・
(×10回)

ってな具合に、いちいちマウスに手を持っていくのは、結構めんどくさい。
そんな時、「TABキー」を押せば、一発で次の入力箇所にカーソルが飛んでくれます。

マウスを触るのすら、めんどくさくなっては、人間お終いです(笑)
でも、使ってみると結構便利ですよ!お試しあれ!

エクセルで作図【第12回】まるごとコピー
Shiftキーエクセルで作図に挑戦のコーナー。今日は以外と知られていない小技を紹介!

図をコピーするには、その図を選んで右クリックし、[コピー]すれば良いですよね。(又は、以前紹介した、Ctrlキーを使った技でもOK)

でも、この場合は、図形描画機能で書いた絵や、写真しかコピーされません。

セルに書き込んだ文字や表も、図形としてコピー出来ればいいなぁ、って思ったことはありませんか?
絵の横のセルに打ち込んだ寸法値や注釈、表などは、図形ではないので、上記のやり方ではコピーできません。

エクセルとCADそんな悩みも、なんと「Shiftキー」で解決するのです!


Shiftを押しながら、左上の[編集]をクリックしてみましょう。
すると、通常では現れなかった[図のコピー]というコマンドが出てくるのです!



エクセルとCAD通常だと、左の写真のようなプルダウンしか出てきませんよね。
で、この[図のコピー]とは、選択したセルの範囲全てを、図形としてコピーしてくれる機能で、文章や表も、図形として変換してくれます。

この、コピーした図形は、拡大・縮小にも優れていて、文字がギザギザになりにくいのが嬉しいです。

エクセルで作図ちなみに、このモードでは、セルの枠線をも図形として認識してしまうので、都合によってはコピーする前にあらかじめ枠線を消しておくことをお奨めします。

やり方は、[ツール]-[オプション]-[表示]で、[枠線]のチェックをはずしましょう。

これを上手く使いこなせば、1ランク上の書類作りが可能になります!
さぁ、皆さんもレッツ・トライ!
エクセルとCAD

エクセルで作図【第11回】画面の拡大・縮小
Ctrlキーエクセルで絵を描いているときに、
画面をちょっと拡大して見たいなぁ。」とか
画面を縮小して、全体を確認したいなぁ・・
なんて事が頻繁にあります。

そんな時に、いちいち表示倍率のボタンを押して、[200%]とか[50%]とかにしている人はまだいませんか?

こんな時こそ、「Ctrlボタン」ですよ!

表示倍率を変えたい時に、「Ctrlボタン」を押しながらマウスのホイールを回転させてみましょう!ほーら、リアルタイムにズームアップ、ダウンが出来るでしょ?

これ、超便利です!
絵を書いてるとき以外にも、普段のエクセル作業中に「表の全体が見たいっ」って時とかにも使える、チョイ技です。

エクセルで作図【第10回】図形の整列
エクセルで作図そんな事、誰でも知ってるよ~ってな技術を惜しげもなくブログで書き綴る!シリーズ「エクセルで作図」。

今回のテーマは「図形の整列」
適当に書いてしまった図形群。後々になって「もっとちゃんと小綺麗にに書けば良かった」なーんて思っても、今更書き直すのも大変だなぁ、ということは良くある事。

でも、図形の縦・横の整列をするだけで全体が綺麗に見える、というのは事実です。

エクセルとCADそこで図形の整列を簡単に行う方法を知っておきましょう!
操作方法は、[図形の調整]-[配置/整列]

その中には、[左揃え]や[右揃え]、[上揃え]などいろいろありますが、今回は中央揃えにチャレンジ!

エクセルとCADバラバラに適当に書いた円を、矢印で全部選択し、[左右中央揃え]をします。そうすると、縦一直線に並びます。エクセルが各図形の中心を勝手に計算して、並べてくれるのです。

エクセルとCADその後、[上下中央揃え]をしてみましょう。
すると・・・なーんと、バラバラに書いた円が、同心円上に集まりました。ね、結構面白いでしょ?

ケースに応じていろんな揃え方を使い分けると、レイアウトがすっきりしますよ!
フロー図なんか書くときに、とても便利です。お試しあれ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。